UEC-カルテ 病院に合わせたカスタマイズ

病院が電子カルテに合わせて業務しますか?

 

病院にマッチした電子カルテで業務しますか?


電子カルテシステムのUEC-カルテは、複数の病院様に対してオリジナルの電子カルテを開発したノウハウを基に作られています。


システム開発のテーマとして、業務の省力化・情報の共有化・マネジメント効率かを挙げ、オーダリングシステムに看護必要度評価機能や勤務時間管理機能・日誌作成機能・書類作成機能・外来待ち時間管理機能などを付加し、業務の省力化を図るとともに、患者情報の共有化・病床管理・クリティカルパス機能、人事マネジメントの活用を同時に行っています。


 看護必要度評価機能により、病棟スタッフがノートPC等を用い、A項目・B項目・C項目の入力を行い、看護必要度評価をスムーズに行うことが可能です。


 病床管理機能は、図のように一覧表でベッドの使用状況・退院予定・入院予定が容易に把握できるようになっています。


履歴を参照しながらカルテ記事の入力が可能です。